五郎の日々実験

人生は実験の繰り返し。 退屈な日々を"楽しい"にどう変えようか。

指導を受ける夢を見た。

いったん生活がリセットされて、

会社に行って寝るという毎日を過ごしている。

この間の休日は睡眠。行きたい場所もあったけど、睡眠。5時間しか起きていない。f:id:monyangoro:20220627231313j:imageそういえば夢を見た。

会社のお偉い方に声が小さいとご指導を受けるという謎の夢だ。

 

夢を見て、その夢を覚えている時は、

夢占いでその夢の意味を調べてみる。

今回の「注意される」という夢は、基本的に、

自己顕示欲」「変化を促すこと」を暗示しているらしい。

注意されるということは、

他人から注目されること他人から認められたいことをさすらしく、自己顕示欲の高まりを表すのだという。

もう一つの変化を促すことというのは、

思考・価値観・行動などどこか直したほうがいいということらしい。

また、誰から注意を受けたのか、相手によって夢の意味は変わる

検索してみてると面白いかもしれない。f:id:monyangoro:20220628102835j:image「自己顕示欲」「変化を促す」どちらも今の自分に納得できる。

私は、生きていた証を残したいという意味もあって演劇をしているから、「自己顕示欲」は高い方である。生きていた証を残したい理由としては死ぬのが怖いからではあるが。でも貶されるよりは褒められたい。素敵だったと、また私の舞台を観に行きたいと、作品をきっかけに○○を始めたなどと言って頂けると嬉しい。

素敵とは何ぞやではあるが、ともあれ、

お客様に楽しんで頂ける作品を提供すること、

お芝居をまた観たいと思って頂けることが一番ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

そして「変化を促す」。

個人的に変化は自然と訪れそうなのです。

詳しくは言えないけれど、変わってほしくない場所が変わりそうで、変わりたいところが変わらずうずうずしている日々。

どうせ待っているのは死だからと人生を淡々と生きるのか。それともやりたいことをやっていくのか。

ただ、自分が今何をやりたいのかがぼんやりしてて具体的にはなく、どんな人物/女性になりたいのかが分からない。

どの方面にも中途半端になっているような気がして申し訳ない。

 

このままじゃあ行けない。沸々と思いながら、

どう進めばいいのかぐずぐずとしている。

f:id:monyangoro:20220628102223j:image最近暑くなりましたから、お互いに熱中症には気をつけましょう。

節電はした方が良いけれど無理しない程度に。

舞台終演。現実に戻る。

舞台、無事に終演しました✨

ご来場ご声援を頂き、

誠にありがとうございました!

本番終えた2週間程は、

自分も関係者もお客様も元気であること。

コロナ禍ではあるので、それを願うのみです。

舞台を終えた五郎は、現実に戻っている。

普段は会社勤めだから、

寝て起きたらもう出勤だった。

そして久々の外はめちゃ暑い。一気に暑くなった。

扇風機を押し入れから取り出したもん。

窓を開けても温い風。

 

そして五郎に襲いかかっているのは眠気。

ただただ、眠気がすごい。

パソコンの文字が打てない。

と言いつつ舞台関係なくいつも眠い。

こんな感じで⇩⇩

朝は寝起き悪くて眠い。昼はごはん食べてから眠い。

夕方は疲れがきて眠い。夜は夜だから眠い。

曇りや雨の日は日差しがないから眠い。晴れの日は太陽に体力を奪われて眠い。

今回はより一層ねむい。立っていても眠い。

もはや気絶するんじゃなかろうかと思うレベル。

眠気覚ましのコーヒーも全く役に立たない。

 

眠いねむい(_ _).。o○

 

だけど、俳優活動と会社勤めの二刀流するものにとって大事なこと。

二つの環境に迷惑をかけない。

これは社会人になる時に決めたこと。

そして会社勤めするからって演劇を辞めない。

どちらかを取れ言うなら演劇を取る。

でも今は二刀流だからどちらも頑張る。

ちょっと気持ちと体力の切り替えが近頃できてないけれど…

 

ひとまず眠気問題をどうにかせねばなのです。

次の休みにたくさん寝るか…?頭痛するけど。

健康でいることが大事。

両方に迷惑をかけないために疲れをとるにはどうすればいいのか。教えてください。

いつも悩むところです。

 

舞台という夢の世界が終わり現実に戻った瞬間

どう過ごせばいいのか毎度見失いますが、

とりあえず、

やらなくちゃいけないこと後回しにしていことを淡々と行い、

お風呂に入り、身体がだるければストレッチをし、栄養をとり、寝る。

ゆっくりと目標を見つけ、次に向かって準備をする。

 

ゆるーりゆるーり。

落ち着いたら今回の役についてのブログ記事でも書いてみようかしら。

受付している時。着付けもまだまだ未熟。

ありがとうございました。

また劇場でお会いしましょう!

着物。

出演する舞台が時代劇ということで、

着物の着方というものを改めて勉強した。

(五郎がそれでも綺麗に着物を着れているのかはさておき…)

 

中学の演劇部の時に初めて自分で着物を着た。

中学高校大学と演劇部や授業で着物や浴衣を着る機会はあって、帯のリボン結びは調べずにできるように自然となっていた。

その頃の着付けの知識は以下の通り。

○ 右前に着ること。(自然と手が着物の中に入れば正解という覚え方をした)

○ 裾はぎりぎり

○ おはしょりを作る(なるべく綺麗に。帯を結ぶ前に整えると一直線で綺麗になる)

こういったこと。

大学生の頃に演劇WSで浴衣を着た時の写真。

今公演を通して着付けで学んだことは以下の通り。

○ 襟を抜く(襟を抜きすぎると遊女になるけれど、拳一個入る程度は抜いていい。)

○ 襟を抜くのに長襦袢を綺麗に着ることは大事。

○ 自分の身長より長すぎる着物を着た場合、おはしょりは分厚くなる。これは見た目的によくない。伊達締めを結ぶ前に左衣のおはしょり部分を上に引き上げておく。

○ 裾はくるぶし辺りだけど、裾の先は少し上げていい。

○ 着る前は、タオルなどで身体を補正する。凹凸のない身体が理想。

○ 裾が広がるのを防ぐには、横線を内側にすると広がりにくい。あと、背中線を合わせることを忘れずに。

文字だと伝わり難いと思う。

色んなYouTuberの方の動画で着付けを知れたので、着付けに興味のある方はぜひYouTubeで検索してほしいです。

おみつさん衣装。どんな表情だ。
よく時代劇で見かける着物に黒衿(掛け衿)。
衿まわりの汚れを目立たせにくくするためだそう。
今回の学び。

帯の結び方も研究。

江戸時代の帯の結び方と調べたら、吉弥結び角出し結びなどがありました。

そして今回は、

鶴組のおみつ役では前でリボン結び

亀組のおこん役ではかるた結びにしようかなと。

 

演劇を通じて知識が増えるというのは良いことだなと思いつつ、

綺麗に着物を着て頑張る所存。

綺麗も大切ですが、早く着ることも頑張らなくては。いかんせん、何事も遅くて、、、

"丁寧に、だけど早く、そして綺麗に"

どんなことでも通じる気がする。

 

らくご芝居にちょっとでも興味を抱いたら、

ぜひ劇場へ遊びにきてください(*´꒳`*)

どんな方でも楽しんで頂けるお芝居です!


f:id:monyangoro:20220615104214j:image

f:id:monyangoro:20220615104210j:image

ThreeQuarter Mixing Vol.1
「らくご芝居~「丹青の花入れと水屋の富」より~」

脚本:ひぐち丹青(深川とっくり座)
構成:清水みき枝
演出:竹原ぽんず

【日程】2022年6月18日(土)~19日(日)
【劇場】JOYJOYシアター(練馬区桜台JOYJOYステーション内)

【公演詳細(劇団ホームページ)】

社会人劇団 ThreeQuarter(スリークウォーター)

【ご予約(桜本あや窓口)】

ticket.corich.jp

花です。

6月となり初めてのブログ。

梅雨入りし雨は嫌じゃなぁと思いつつも、

紫陽花が綺麗に咲いていることにはほっこりしつつ。暑い暑い夏に向かっていく訳でございまして。

 

近頃の五郎は、来週の舞台に向けてバタバタ。

役者活動の他に業種の違う仕事もしている訳だから、1日なんてあっという間。

でも楽しんで頂けるものをお届けする為にも頑張ります。

 

さて今回は、

出演する舞台が『らくご芝居~「丹青の花入れと水屋の富」より~』ということで

について書きたいと思いやす。

 

大学で華道の授業があって受講してたのです。

とはいえ思うがまま、バラエティ番組プレバトの才能ありとか才能なしとかそういう知識はないですが。

強いて覚えていることは、華道で花を生ける時「高さと奥行きと前に出す」を意識するということ。

せっかくの機会なので学生時代に生けた花を見て頂きましょう。

どうでしょう?

確か、テーマを基に生けていたのですが、何をテーマに生けたのかは忘れました。笑

書いていて思い出したのが、花を生けるとき器選びも大切だそうです。

そういえば小学生の時も、

授業内のクラブ…手芸部の時だったか、フラワーアレンジメントをした記憶が。

緑のスポンジみたいな物体に花を挿してました。

 

何かと花にご縁があった。今は家にミニサボテンくん🌵がいる位だけれど。

でも家に草木や花は必要。そのうち散ってしまうけれど。

在宅ワークで1ヶ月間白い自部屋にいた時、ちょい狂いそうになりましたもん。

家にお花や緑があると心が晴れやかになる。

ああ、サボテンくんに水をやらなければ…
久しくあげてない…
ひょっこりと家のなかにいてくれているけれど…

さてさて、そんな折に出演する舞台が来週開演となります。

華道の家元が登場する「花入れ」には出演しませんが、とても楽しいお話です。

登場人物たちの見た目でも楽しんで頂けるかと…!!

 

私が出演する「水屋の富」は長屋のお話。会話がポンポン飛び交います。

とても賑やかでありながら、ほっこりした気持ちになれるお話です。

日常のささやかにある幸せを感じて頂けるかなと。

6月18.19日に上演。

ちょっとでも興味がございましたら、長屋(劇場)を覗いて頂けましたら幸いです。

続きを読む

行ってきた。大衆演劇!

そもそも

大衆演劇との出会いは、遡ること高校生のとき。

学校のとあるイベントで殺陣初心者ではあるが子供たちに殺陣を披露することになって(イベントが中止になったため殺陣を披露することはなかったが)、勉強になるかもしれないと美術の先生がとあるDVDを貸してくれた。

 

それは浪花劇団さんのDVD。そう、

大衆演劇

 

白塗りをしているから歌舞伎や狂言のような古典的な言い回しで、話についていけないだろうなと思ってたのだがそんなことはない。

高校生でも分かりやすい現代的な言葉でのお芝居で、内容も面白い。ショーも知っている曲で踊っていて場面もあり、役者さんは活き活きとしている。

こんな世界があるんやなぁと思って数年。

先日、初めて大衆演劇を観に行ってきた。

おひねりのイメージも強く、ちょっと行くのが怖かったのだけれど、お芝居の勉強になったらいいなと思って、知人と一緒に。

 

まず、怖くない。むしろ、そんなイメージを持ってすみません。

舞台観劇のように普通に楽しめた!

というかめっちゃ楽しかった!

 

観に行った先は、浅草木馬亭大衆劇場

桐龍座恋川劇団さんの舞台で、ショー・お芝居・ショーの3部作。

休憩入れての3時間半。当日券1800円。

 

美、かっこよい、艶っぽい、時々笑いあり、着物の捌き方も綺麗、近づいてくる役者さんは良い香り、あっという間の3時間半。

個人的に特にショーが楽しかった。

舞台上に一人、5分くらい踊りを魅せてくれるのだけれど、観客を楽しませられるのってすごい。

そしておひねりというものも初めて目にした。

役者さんの演技の邪魔にならないように配慮していた。

 

そして実際に劇場に行ってみて意外だったのは、

ショーの時、写真撮りOKだったこと。

SNSに公開はちょっとルールあるらしいのだが、撮っていいんだ。(お芝居中はNG)

ガッツリと一眼レフなどのカメラで撮っている人もいた。驚き。

 

とりあえず面白かった。

6月の出演舞台に向けて、良い吸収になったなと。

こちらの舞台もぜひ。らくご芝居!

亀組・鶴組に出演。
着物を着て賑やかに落語の世界をお届け!

ThreeQuarter「らくご芝居~「丹青の花入れと水屋の富」より~」予約ページ(桜本あや) | 演劇、ミュージカル等のクチコミ・チケット情報ポータル★CoRich 舞台芸術!

お知らせの割り込み失礼。

 

大衆演劇、他の劇団さんのも見たいし、

観劇した恋川劇団さんやDVDで見た浪花劇団さんももう一度見たい。

また行きたい、大衆演劇。一人でも行けそう。

 

 

食パン!そして大当たりした話。

今までの大当たりというテーマで、

所属する劇団のブログを更新しました!

3quarter.blog.jp

今回のブログ内容は、上記のブログの補足。

合わせて読んで頂けたら⇧⇧

 

まずは紹介した食パンの補足。

「観客だったのに突然、舞台上へ連れて行かれ、

結果高級食パンを頂きました」の時の

頂いた高級食パンは乃がみの食パンでした。

ほのかな甘さが美味しかったーー。

これをきっかけに、切られていない食パンを

スーパーでも選ぶようになり、その中で出会ったのが200円の3斤食パン

最後に買ったのは数年前なのでお値段や大きさに

変更があるかもしれないけれど、

200円の3斤食パンは

ワンツースリー クラブハウス "というパン屋で売ってました。

私が買ったのは蒲田店。全国6店舗らしい。

kosugepan.com

お金を贅沢に使えない人間としては、

朝ごはんにもおやつにも食べられてお買い得。

食べきれるなら尚のこと良し。

他のパンもお手頃価格で、パンが大きかったり量が多かったりするから良き良きです。

そして食パンは納豆チーズを添えるのが好み。

そして、今までの大当たり、実はもう一つある。

それは浅草寺のおみくじにて。

一昨日12月にたまたま浅草寺に立ち寄って

おみくじをひいたとき、大吉だった。

これはよくある話。

 

そしてその1ヶ月後、初詣で浅草寺行って、

おみくじをひく。大吉。

これもよくある話。

 

だけどその時、おみくじを見ていて、とても見覚えのあるおみくじだった。

家に帰って12月のおみくじと見比べたら

大吉はもちろん、

番号も、書いてある内容も

全く一緒!!

これはよくある話ではないのでは。

100あるおみくじの中で同じものを引いたのだから。そして1ヵ月では運命は変わらないのね。

これを劇団ブログにも書こうかと思ったけれど、

いかんせん写真を撮ってないから示せる証拠なし。なのでここに文字として書いてみた。

 

今日も良い一日を。

 

 

 

釣り🎣

GW。

五郎はとある日、釣りへ行った。

 

釣りの思い出といえば…

幼少期に家族と釣りに行って、釣竿の魚を引っかけるところに父親を引っかけた。

父親の服に引っかかりました、確か。

 

今回の釣りは通っている演劇教室の皆さんと。その皆さんと釣りへ行くのは2回目。

f:id:monyangoro:20220510222033j:image横浜の赤レンガ倉庫にて。

赤レンガ倉庫、釣れるんですよ。

と言いたかったのだけれど、この日は1匹も釣れず雨も降ってきて惨敗。

(それでも楽しく。そして持ってきて下さった手作りお弁当が美味しく、お弁当を囲んでワイワイ ワイワイできたのも楽しかった)

 

でもそこには魚はいる。

昨年の11月に初めて赤レンガ倉庫に釣りに行った時は釣れた。

釣り竿の扱い方もよく分からず、幼少期に田舎に行ったときに一度釣りをした位のど素人でも、イワシ10匹にサバ5匹を釣ることができた。

自分は釣ったことないがサヨリも釣れるらしい。

釣り竿はDAISO。1000円ちょい。
お試しに使うにはお手軽で良い。

ちなみに釣った魚は頂きました。

捌き方が分からずスマホ先生に頼りつつ。

半年ぶりの包丁で、数年前の料理実習ぶりに魚を捌いた。f:id:monyangoro:20220510222245j:image

 

ともあれ、慣れないことをするって楽しい。娯楽であれば気楽だ。

これは横浜ではない、平和島
そして水と戯れているだけ。